close
Previous
Next

RISE OF A CHAMPION AND THE BIRTH OF AN ICON

The 20s

1921

THE DEBUT

デビュー:
1904年生まれのルネ・ラコステは、17歳のときに初めてトーナメントでの優勝を果たし、1924年には全仏オープンで初優勝。数多くのマスコミは彼の完璧主義なアプローチに着目し、将来偉大なプレーヤーになると予想し、賞賛しました。

"
FOCUSED WHEN HE PLAYS,
SMILING WHEN HE LEAVES THE COURT
"

THE INTERNATIONAL PRESS ON RENÉ LACOSTE

1922

SUZANNE LENGLEN

スザンヌ・ランラン:
テニスチャンピオンであったスザンヌ・ランラン(SUZANNE LENGLEN)を尊敬していたルネ・ラコステは、あらゆるプレーで体が即座に反応できるように、懸命に努力しました。

1923

THE ALLIGATOR

ワニ:
それまで批判的なメディアでさえ、ルネ・ラコステの強さを賞賛しました。すぐに頭角を現したラコステに「ワニ皮のスーツケースを賭けた」というエピソードをある記者が聞きつけ、「ワニ」というニックネームを付けました。

1924

SIMONE THION DE LA CHAUME

シモーヌ・ティオン・ド・ラ・ショーム:
ルネ・ラコステの未来の妻、シモーヌ・ティオン・ド・ラ・ショームが、全英女子アマチュアゴルフ選手権で優勝しました。

1925 to 1929

THE CHAMPION'S VICTORIES

TEN TITLES

10つのタイトルを奪取:
ルネ・ラコステは、全仏オープン、全英オープン、全米オープンで優勝し、4大大会の優勝数が10となるなど、勝利につぐ勝利を重ねました。

1926

THE FIRST CROCODILE

初めての「ワニ」:
自らに付けられたニックネーム「ワニ」が気に入ったラコステは、友人のロベール・ジョルジュ(ROBERT GEORGE)に、ワニのデザインを依頼しました。今ではすっかり有名になったワニのロゴが、この年に初めてルネ・ラコステのブレザーに刺繍ることになりました。

ROLAND-GARROS

全仏オープン(ローラン・ギャロス):
デビスカップでのタイトル防衛を期待されたフランスチームの「四銃士」のために、パリに新しいスタジアムが建造されました。

NUMBER ONE

世界ナンバーワン:
ルネ・ラコステは、全仏オープンと全英オープンのシングルスとダブルスで優勝したほか、全米オープンのシングルスでも優勝し、世界ナンバーワンとなりました。

DAVIS CUP

デビスカップ優勝:
ラコステがキャプテンとして率いるチームの4人の選手は、フランスのテニス精神そのもののプレーをしました。フランスチームはアメリカチームに勝利、デビスカップで優勝を果たすこととなりました。

1929

THE LAST MATCH

最後の試合:
全仏オープンがルネ・ラコステの最後の試合となりました。彼は、「四銃士」の1人であるジャン・ボロトラ(JEAN BOROTRA)を決勝で破り、その試合を優勝で飾りました。

1928

TENNIS TECHNIQUE

1928

THE TENNIS BALL MACHINE

テニス練習用のボールマシン:
ルネ・ラコステは、テニスのテクニックを向上させるために、テニス練習用のボールマシンを発明。このマシンはその後、何世代にもわたりプレーヤーたちの育成に使われることとなりました。

1928

WRITINGS

執筆:
ルネ・ラコステが書いた、書籍『TENNIS』が刊行されました。本の中でルネ・ラコステは自らのテクニックの秘密を明らかにしました。この本は各国で翻訳されました。

"
INVENTOR! IF I HAD TO PRINT A TITLE ON MY BUSINESS CARD, THIS WOULD BE IT. I HAVE BEEN INVENTING ALL MY LIFE.
"

1927 to 1928

FAMILY

1927

SIMONE THION DE LA CHAUME

ルネは、未来の妻、シモーヌ・ティオン・ド・ラ・ショーム(SIMONE THION DE CHAUME)と出会う。彼女は、13回もフランスチャンピオンとなったゴルフの名選手だった。2人は結婚し、4人の子供を授かった。

1928

CHANTACO GOLF COURSE

シャンタコ・ゴルフコース:
ラコステゆかりの地はゴルフコースへと生まれ変わり、英国皇太子やクラーク・ゲーブル(CLARK GABLE)、チャーリー・チャップリン(CHARLIE CHAPLIN)など多くの著名人がこのゴルフコースを訪れました。

THE CREATION AND LAUNCH OF THE L.12.12 LACOSTE POLO SHIRT

The 30s

1926

RENÉ LACOSTE
IN SHORT SLEEVES

ルネ・ラコステと半袖シャツ:
ロンドンでポロプレーヤーの姿に感心したルネ・ラコステは、体を楽に動かすことができる短袖のシャツに着目し、半袖シャツを作りたいと考えました。
「機能的なエレガンス」というコンセプトが、このとき誕生しました。

CONCEPTION
WITH ANDRE GILLIER

アンドレ・ジリエとの構想:
ルネ・ラコステとアンドレ・ジリエ(ANDRÉ GILLIER)が出会いました。2人は共同で、革命的なデザインのラコステポロシャツを考案しました。

"
WHEN I LOOK BACK, I REALIZE THAT EVERYTHING I HAVE ACHIEVED WAS BASED ON ACTIVE COOPERATION AND FRIENDLY AGREEMENTS
"

1931

THE CAPTAIN

キャプテン:
ルネ・ラコステがフランスチームのコーチをつとめ、デビスカップではチームを優勝へと導きました。
彼のチームには、「四銃士」の仲間であった、アンリ・コシェ(COCHET)とジャン・ボロトラ(BOROTRA)もいました。

1933

THE FIRST CAMPAIGN

初めての広告:
ラコステが、初のポロシャツ広告を実施しました。

1933

INDUSTRIAL PRODUCTION

工業生産を開始:
ルネ・ラコステとアンドレ・ジリエがラコステ「L.12.12」の発売を開始。通気性に優れた生地、ピケを使い、ワニのロゴをあしらったこのシャツは、柔軟性に優れ、軽量でした。

THE LACOSTE UNIVERSE EXPANDS

The 40s - 50s

1940

RENE LACOSTE,
PRESIDENT FFT

フランステニス連盟の会長に:
1941年、ルネ・ラコステがフランステニス連盟(FFT)会長に任命されました。彼は1943年まで、この職を全うしました。

1951

COLOR

カラーバリエーション:
ラコステが多彩なカラーバリエーションのピケポロシャツを発表。
ブランド独自のエレガントさに華やかさが加わり、注目を集めました。

1958

ON THE COVER

表紙を飾る:
ラコステがフランスのテニス雑誌『TENNIS DE FRANCE』の表紙に掲載され、ラコステブランドとテニスの関係がさらに深まりました。

1958

THE LACOSTE SHOE

ラコステのシューズ:
ルネ・ラコステが、軽量でありながら弾力性のあるテニスシューズをデザイン。このシューズには、エレガントで快適、そして機能性が兼ね備わっていました。

1958

KIDS

キッズコレクション:
ラコステが、初の KIDS コレクションを
発表しました。

NEW VICTORIES, NEW INNOVATIONS

the 60s

1961

THE POLO COLLAR

"
INVENTOR! IF I HAD TO PRINT A TITLE ON MY BUSINESS CARD, THIS WOULD BE IT. I HAVE BEEN INVENTING ALL MY LIFE.
"

"
INVENTOR! IF I HAD TO PRINT A TITLE ON MY BUSINESS CARD, THIS WOULD BE IT. I HAVE BEEN INVENTING ALL MY LIFE.
"

1963

THE STEEL TENNIS RACKET

スティール製テニスラケット:
ルネ・ラコステは、スティール製のテニスラケットを発明し、テニスの世界に革命をもたらしました。この発明は空気力学的に優れた利点があり、現代のテニスラケットの先駆けとなりました。

1964

ANTI-VIBRATION DAMPENER

テニスラケット用防振パッド:
ルネ・ラコステが、初のテニスラケット用防振パッドを開発し、特許を取得しました。このイノベーティブな器具はボールの衝撃による振動を吸収し、プレイヤーがケガをするリスクを軽減しました。

1964 to 1969

CATHERINE LACOSTE

1964

ルネ・ラコステとシモーヌ・ティオン・ド・ラ・ショームの娘、カトリーヌ・ラコステが、世界アマチュアゴルフチーム選手権で優勝。

1967

SETTING RECORDS

カトリーヌ・ラコステ(CATHERINE LACOSTE)が、外国人として初めて、さらに最年少での全米女子オープンゴルフ選手権優勝を達成しました。

1969

DOUBLE VICTORY

ダブル優勝:
カトリーヌ・ラコステが、全米女子アマチュア選手権と全英女子アマチュア選手権の両方の試合で優勝しました。

1966 to 1969

OTHER ICONS

1966

BLOUSON SPORTS JACKET

ブルゾン、スポーツジャケット:
ラコステが、快適でエレガントな、アイコニックジャケットをデザインしました。このスタイルは、コート上でブレザーに取って代わるようになりました。

1966

FRENCH NATIONAL
SKI TEAM

フランス代表スキーチームのユニフォーム:
ラコステが、スキーのフランス代表チームの
ユニフォームをデザインしました。

1966

FRAGRANCE

フレグランス:
ラコステが初のフレグランス「EAU DE SPORT」を発表。このフレグランスの白の小さなボトルには、ブランドのアイコンである、グリーンのパイピングが入っていました。

1969

GILET GLÉNAN CARDIGAN

ルネ・ラコステのお気に入りである、このスタイリッシュでスポーティーなパールニットカーディガンは、コート以外でも愛用されています。

1969

LEATHER GOODS

ラコステがバッグのシリーズを発表。機能的でエレガントなバッグが登場しました。

1969

THE POLO DRESS

ストレートで体に密着したポロドレスは、ラコステの定番ポロシャツの姉妹商品とも呼ぶべきアイテムで、エレガントにスタイリングされたシルエットは一躍注目を集めました。

1970

THE SAILOR SWEATER

機能的でシックな、このセーターはセーリングを想定してデザインされたものですが、日常着のクラシックとして定着しました。

1969

CHAMPIONS IN LACOSTE SHIRTS

1969

JEAN GARAIALDE

フランスオープンの優勝者であるジャン・ガレアルド(JEAN GARAIALDE)は、1985年までフランスナンバーワンのゴルファーとしての地位を保ち、40年間にわたってゴルフの王者として君臨しました。

FAME AND RECOGNITION

the 70s

1971

ROLAND-GARROS

ラコステが、全仏オープンのオフィシャルスポンサーとなりました。毎年、ラコステでは、全仏オープン用のコレクションをデザインしています。

1971

THE DAMPER

ルネ・ラコステが、「THE DAMPER」を発明し、特許を取得しました。この新しい器具をラケットのグリップに付けることで、振動を吸収します。

1977

THE PRESIDENT

1976年、ルネ・ラコステが国際テニス殿堂入りしました。1977年、ルネ・ラコステがフランステニス連盟の会長に就任しました。

1970 to 1976

THE LOOK OF THE 70S

1970

RUBEN TORRES

ルーベン・トーレス(RUMEN TORRES)がラコステのファッションデザイナーに任命されました。

1976

ラコステが、「ワニ」の広告キャンペーンを
スタートしました。

LIFESTYLE: THE ART OF INNOVATION, HIGH PERFORMANCE AND ELEGANCE

the 80s

1981

1ST BOUTIQUE

パリのヴィクトルユーゴー通りに、ラコステ初のブティックがオープンしました。

1981

SUNGLASSES

ラコステが「101」サングラスシリーズを発表しました。エレガントで高い性能を持つ、このサングラスは、コートの内外で人気を集めました。

TOWEL AND BATHROBE COLLECTION

エレガントなファッションにヒントを得て、ラコステがタオルとバスローブのコレクションを初めて開発しました。このシリーズに先行して、1970年代初頭には初のバスタオルシリーズが発表されていました。

1985

THE SAILBOAT

「LACOSTE 42」ヨットが、パリの国際ボートショーで公開されました。このヨットは、スタイルと高性能というラコステのブランドバリューを表現したものとなっていました。

1984

EAU DE TOILETTE FOR MEN

ラコステが、フレグランスシリーズを発表しました。フレッシュで、爽快なフレグランスでは、エレガントさ、正統性、生きる喜びという、ブランドの重要な価値基準が具現化されていました。

"
ELEGANCE IS MAINLY ADAPTING CLOTHES TO THE SITUATION, TO CIRCUMSTANCES. […] AND MAKING SURE THE DETAILS REMAIN DISCREET ENOUGH
"

1985

THE TENNIS SHOE

ラコステが、初のテニスシューズシリーズを発表しました。高い性能と快適さが融合した、このシューズは一気にコートで人気のアイテムになりました。

1986

GUY PAULIN

ギー・ポラン(GUY PAULIN)がラコステの
ファッションデザイナーに就任。

1987

THE COATED PETIT PIQUÉ LINE

ラコステがスポーツバッグのシリーズを発表しました。このバッグでは、当時のイノベーティブな素材であったピケがコーティングされていました。モダンで軽量なこのバッグは、トレードマークのプチピケとアイコニックなワニのロゴが特徴でした。

1981 to 1988

INNOVATIONS AND PLAYERS

1981

FABRICE SANTORO, LACOSTE AMBASSADOR

21年間の選手生活で24のタイトルを獲得した、フランスのテニスプレーヤー、ファブリス・サントロ(FABRICE SANTORO)がラコステのアンバサダーになりました。

1983

SEVERIANO BALLESTEROS, LACOSTE AMBASSADOR

伝説のゴルフプレーヤー、セベリアーノ・バレステロス(SEVERIANO BALLESTEROS)が、米国オーガスタのマスターズで優勝しました。

THE DRIVER

ルネ・ラコステが、振動吸収性のポリウレタンで作られた、革新的なゴルフクラブの特許を取得しました。安定性があり、軽量で、耐久性に優れた、このクラブは、現代のゴルフクラブの先駆けとなりました。

1988

THE EQUIJET

「EQUIJET」テニスラケットにより、ルネ・ラコステがスポーツ器具のデザインに新たな革命をもたらした。新発明のこのラケットは、幅が広くて、ヘッドサイズが小さいというメリットがありました。

1988

HENRI LECONTE, LACOSTE AMBASSADOR

フランス人のアンリ・ルコント(HENRI LECONTE)は全仏オープンのファイナリストであり、世界中のテニスファンに愛されていました。

LACOSTE AT HOME AND AWAY

the 90s

1993

THE WATCH

ラコステウォッチがデビュー。ライフスタイル全般に、ラコステブランドの影響力がさらに高まりました。このユニークな腕時計は、文字盤の周囲がグリーンに囲まれており、文字盤とストラップはピケのような質感。ブランドの定番ポロシャツにインスパイアされたデザインが特徴でした。

1994

GILLES ROSIER, FASHION DESIGNER

ジル・ロズィエ(GILLES ROSIER)がラコステの
ファッションデザイナーに就任しました。

"
WHEN I LOOK BACK, I REALIZE THAT EVERYTHING I HAVE ACHIEVED WAS BASED ON ACTIVE COOPERATION AND FRIENDLY AGREEMENTS.
"

1995

OPENING OF THE 1ST US BOUTIQUES

フロリダ州パームビーチとバルハーバーに、アメリカ初のラコステ・ブティックがオープン。さらに、ニューヨークでもブティックがオープンしました。

1996

WEBSITE

ラコステの最初のウェブサイトが開設されました。www.lacoste.com

1991 to 1999

FRENCH VICTORIES, AT HOME AND AWAY

1991

FRENCH VICTORIES

四銃士による勝利から59年、ラコステがスポンサーを務めるフランスチームが、デビスカップで優勝しました。さらにその5年後、チームはスウェーデンのマルメで8度目の優勝を飾りました。

1997

FED CUP

ラコステアンバサダーのサンドリーヌ・テスチュ(SANDRINE TESTUD)、アレクサンドラ・フサイ(ALEXANDRA FUSAI)、ナタリー・トージア(NATHALIE TAUZIAT)が、女子テニスの世界選手権であるフェドカップで優勝しました。

1997

PATRICIA MEUNIER-LEBOUC, LACOSTE GOLF AMBASSADOR

ラコステアンバサダーのパトリシア・ムニエ・
ルブック(PATRICIA MEUNIER LEBOUC)が、
ゴルフのアイリッシュオープンで優勝しました。

1998

NATHALIE TAUZIAT, LACOSTE TENNIS AMBASSADOR

ナタリー・トージア(NATHALIE TAUZIAT)が
ウィンブルドンの決勝戦に進出。フランス人の
決勝進出は、1925年のスザンヌ・ランラン(SUZANNE LENGLEN)以来でした。

1999

JOSE-MARIA OLAZABAL, LACOSTE PLAYER

ホセ・マリア・オラサバル(JOSÉ MARIA MLAZÁBAL)が、米国オーガスタのマスターズで優勝しました。

DESIGN, COMMUNICATION AND SPORT

the 2000s

2002

CHRISTOPHE LEMAIRE & FASHION SHOW

クリストフ・ルメール(CHRISTOPHE LEMAIRE)が、ジル・ロズィエ(GILLES ROSIER)の後を継いで、ラコステのファッションデザイナーになりました。2003年9月、ルメールは、ニューヨークシティーでラコステ史上初のファッションショーを行いました。

2005

THE TENNIS SHOE

ラコステが、近代的なカラーと柄を新たにアレンジし、1963年モデルのテニスシューズをリバイバルさせました。そのシューズは発明者へのトリビュートとして「ルネ」という名前が付けられ、60年代にデザインされたオリジナルボックスに入れて発売されました。

2009

THE CAMPANAS BROTHERS

カンパーナ兄弟(THE CAMPANAS BROTHERS)が、爬虫類風のモチーフをあしらった、限定シリーズのポロシャツをデザインしました。

2002 to 2009

THE BRAND - COMMUNICATION

2002

NEW LOGO

世界的に有名なラコステの「ワニ」に
手が加えられ、現代的なテイストとなりました。

2006

THE FOUNDATION

ルネ・ラコステ基金が設立されました。子供向けプロジェクトへの支援および資金提供を行い、スポーツを通じて、チームスピリットや忍耐、粘り強さ、やる気、他者への敬意といった重要なバリューを伝えることをモットーに活動を開始しました。

2008

75TH ANNIVERSARY & LACOSTE FUTURE

ローラン・ギャロスのセンターコートで、ラコステが創立75周年を祝いました。75周年を記念してラコステは、今後75年間のテニスを予見する、3DのテレビスポットCMを製作しました。

2002 to 2008

TENNIS PLAYERS & CHAMPIONSHIPS

2001

DAVIS CUP

ギー・フォルジェ(GUY FORGET)がキャプテンを務めた、フランスチームがデビスカップで9回目の優勝を飾りました。このときには、セバスチャン・グロジャン(SÉBASTIEN GROSJEAN)やファブリス・サントロ(FABRICE SANNTORO)、アルノー・クレマン(ARNAUD CLÉMENT)といった新世代のスターたちが、この舞台に上りました。

2002

SÉBASTIEN GROSJEAN

フランステニス界のスター、セバスチャン・グロジャンとタチアナ・ゴロビンがラコステアンバサダーになりました。

2002

TATIANA GOLOVIN

フランステニス界のスター、セバスチャン・グロジャンとタチアナ・ゴロビン(TATIANA GOLOVIN)がラコステアンバサダーになりました。

2002

OFFICIAL ATP PARTNER

ラコステが、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルのオフィシャル・アパレル/フットウェアパートナーになりました。

2007

THAILAND OPEN

ラコステが、タイオープンとのパートナーシップ契約を発表しました。

2008

AUSTRALIAN OPEN

ラコステが全豪オープンのオフィシャルパートナーとなり、4大大会での存在感をさらに強化しました。

2008

MATS WILANDER

スウェーデンの偉大なテニスプレーヤー、マッツ・ビランデル(MATS WILANDER)がラコステのアンバサダーになりました。

2003 to 2008

GOLF PLAYERS & CHAMPIONSHIPS

2003

PATRICIA MEUNIER-LEBOUC

パトリシア・ムニエル・レブー(PATRICIA MEUNIER-LEBOUC)が、クラフトナビスコ選手権で優勝しました。フランス人女性による、この大会での優勝は、1967年のカトリーヌ・ラコステ(CATHRINE LACOSTE)以来でした。

2004

JEAN-FRANÇOIS REMESY

ジャンフランソワ・レメシー(JEAN-FRANÇOIS ROMESY)が2004年と2005年のフランスオープンで優勝しました。また、2005年には、ジャン・ヴァン・デ・ヴェルデ(JEAN VAN DE VELDE)が2位になりました。

2005

JEAN VAN DE VELDE

ラコステアンバサダーのジャン・ヴァン・デ・ヴェルデが、男子フランスオープンで2位になりました。

2007

LORENA OCHOA

2009年、世界ナンバーワンのロレーナ・オチョア(LORENA OCHOA)が、全英女子オープンとその後の3つのLPGAトーナメントで優勝しました。

2008

FRENCH OPEN AT THE CHANTACO GOLF COURSE

フランス女子オープンが、CHANTACO にある、ラコステ・ファミリーのゴルフコースで開催されました。

2008

GWLADYS NOCERA

グウェレディス・ノセラ(GWLADYS NOCERA)が、ヨーロッパ女子ツアーで10勝し、さらにソルハイムカップでも3つの勝利を挙げ、ヨーロッパのランキング1位となりました。

DESIGN FOR A NEW MILLENIUM

2010 - 2014

2010

FELIPE OLIVEIRA BAPTISTA

フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(FELIPE OLIVEIRA BAPTISTA)が、ラコステのファッションデザイナーになりました。この著名なポルトガル人デザイナーは、ラコステのブランドバリューの再解釈を提案しました。

2010

EAU DE LACOSTE

ラコステは、フラグランスの「EAU DE LACOSTE」を再デビューさせ、アイコニックなボトルの見直しと現代化に着手しました。新しいボトルはモノクロのカラーで、前面にワニのロゴが刺繍されていました。

2011

LACOSTE L!VE

衣料の新コレクションであるLACOSTE LIVEは、
ワニのブランドを作り上げた男、ルネ・ラコステの
遊び心に満ちた、イノベーティブな精神を想起させるもので、スポーツを愛する伝統とフランスの完璧なエレガンスに大胆さと結びついています。

2011

LACOSTE LAB

ラコステは、イノベーションを加速させる目的で、ファッションデザイナーのクリストフ・ピエ(CHRISTOPHE PILLET)とともにラコステラボを設立しました。ここで新たに開発された製品は、自転車やサッカーボール、オートバイ用ヘルメット、サーフボード、スキーなど、多岐にわたっています。

2011 to 2012

THE BRAND - FLAGSHIP

2011

PARIS & HAMBURG FLAGSHIPS

クリストフ・ピエがデザインした、ラコステの新しいフラッグシップストアがパリのシャンゼリゼにオープンし、その後にハンブルグでもフラッグシップストアがオープンしました。

2012

1ST WOMEN’S BOUTIQUE, PARIS

女性専用のラコステのブティックを初めてオープンし、シーズンごとに女性向けのコレクションを販売しました。

2012

SHIBUYA, TOKYO FLAGSHIP

ラコステが東京の渋谷にアジアのフラッグシップとなるブティックを出店しました。その後、マイアミにも出店を果たし、ロンドンのナイツブリッジでもフラッグシップとなるブティックをオープンしました。

2011 to 2013

THE BRAND - PRODUCTS

2012

THE L.12.12 LINE IN COATED PETIT PIQUÉ

クラシックなラコステバックをイメージした「L.12.12」シリーズは、ピケがコーティングされた、柔軟で、耐久性に優れた作りとなっています。このバックは成功を収め、あらゆる服に合うように、多様なカラーとサイズが女性たちのために取り揃えられています。

2011

2 CROCODILES A SECOND

これまで、5,300万点のラコステ製品が、114カ国で1,165のストアと2,000以上のデパートを通じて販売されてきました。現在、1秒ごとに2つのワニが買われている計算となります。

2013

SUNGLASSES “148”

創立80周年を迎えたラコステがクラシックなアビエータースタイルのサングラスを再度投入し、スタイリッシュで、コンテンポラリーなルックに新たな彩りを付け加えました。

2012 to 2014

THE BRAND - COMMUNICATION

2012

GUSTAVO KUERTEN

ラコステは、ブラジルの有名なテニスプレーヤー、グスタボ・クエルテン(GUSTAVO KUERTEN)と5年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表し、クエルテンは新たな「UNCONVENTIONAL CHIC」キャンペーンの顔となりました。

2012

10 MILLION FANS

ラコステのFACEBOOKのファン数が
1,000万人に達しました。www.facebook.com/LacosteJapan

2013

80TH ANNIVERSARY

創立80周年という歴史的な偉業を記念して、ラコステは80周年記念ロゴとスポーツウェアとアクセサリーのスペシャルコレクションをリリースしました。

2014

THE BIG LEAP FILM: “LIFE IS A BEAUTIFUL SPORT”

ラコステは、セブ・エドワーズ監督のフィルム「THE BIG LEAP」を新たなブランドシグネチャとしました。これまで、このフィルムは数々の国際的な賞を受賞しています。

2010 to 2014

2011

40 YEARS OF PARTNERSHIP

ラコステが、ルネ・ラコステと四銃士の時代にまで遡る、4大大会との長きにわたるパートナー関係をお祝いしました。限定版のポロシャツが発売され、2週間におよぶ記念イベントが開催されました。

2014

JULIEN BENNETEAU AND EDOUARD ROGER VASSELIN

ラコステ契約選手のジュリアン・ベネトー(JULIEN BENNETEAU)とエドゥアール・ロジェ バセラン(EDOUARD ROGER VASSELIN)が、全仏オープンのダブルス王者となりました。

2010 to 2013

GOLF

2016

José María Olazába

ホセ・マリア・オラサバルはラコステのアンバサダーに就任しました。1985年からプロゴルファーとして活躍し、2回オーガスタマスターズで優勝しました。 2012年に彼はヨーロッパへ勝利をもたらしたライダーカップでヨーロッパチームのキャプテンとなりました。

2013

RAPHAËL JACQUELIN

2007年から2008年にかけてランキング最上位のフランス選手であった、ラコステ契約選手のラファエル・ジャクリン(RAPHAËl JACQUELIN)が、スペインオープンで優勝しました。

2010

LACOSTE PLAYER CRISTIE KERR

CRISTIE KERRは、LPGA クラシックに優勝、また1位でのシード権を得ました。2007年にはUSオープンでの優勝、2009年にはミケロブウルトラオープン(LPGA)に優勝することで、世界ランク4位になりました。

2011

LACOSTE PLAYER THOMAS LEVET

THOMAS LEVETは、2011年にアルストム・オープン・ド・フランスで優勝し、ラコステのプレイヤーとして、4連勝を飾りました。

2012

LACOSTE LADIES OPEN DE FRANCE

ラコステが、栄誉あるラコステレディースオープン・デ・フランスのタイトルスポンサーとなりました。この大会は、ラコステ・ファミリーの故郷とも言える、サン・ジャン・ド・リュズのシャンタコ・ゴルフコースでの初の開催となりました。

2013

AZAHARA MUÑOZ

ラコステ契約選手のアサハラ・ムニョス(AZAHARA MUÑOZ)が、ラコステレディースオープン・デ・フランスで優勝しました。

2014

THE OLYMPIC GAMES

2014

THE OLYMPIC GAMES

ラコステがフランスオリンピック代表のオフィシャルパートナーになりました。
優れたアスリートが集う場において、ラコステブランドは、
正統性、大胆さ、「生きる喜び」というコアバリューをアピールしました。