close
Previous
Next

THE ICONIC POLO

WE ARE POLO

1933年、ルネ・ラコステが、まさに史上初の「ポロシャツ」をデザイン。丈夫でいながら、軽量かつエアリーなこのシャツは、「ピケ」と呼ばれる、まったく新しい生地でできていました。製造の秘密は、革新的な新しい織り方と編み方にありました。

Heritage

The story

THE STORY BEHIND THE ORIGINAL POLO SHIRT

「イノベーションとは、リスクを恐れないという意味だ」

RENÉ LACOSTE, A DARING INNOVATOR

「テニスプレーヤーの体を動きやすくするにはどうすればいいのか?」ロード・チャムレー(LORD CHOLMONDELEY)というベテラン・ポロプレーヤーのウェアを念入りに調べ上げているとき、ルネ・ラコステがは、素晴らしいひらめきを得ました。それから彼は、ネックラインにボタンが付き、半袖の、真の意味での革新的なシャツをデザインしました。その当時のテニスプレーヤーは、分厚いシャツの袖を巻き上げて、少し動きを楽にするしか方法はありませんでしたが、ルネ・ラコステの発明により、体を自由に動かすことができるようになったのです。

Heritage

L.12.12

L.12.12 – 「L」はラコステのL、「1」は独特の素材を示し、「2」は半袖を示します。最後の「12」は、ルネ・ラコステに最終的に選ばれたサンプルの番号を示しています。

THE ORIGINAL POLO SHIRT

オリジナルのポロシャツ--ルネ・ラコステは、ルーズニット生地の専門家であるアンドレ・ジリエの協力を得て、最初のポロシャツのデザインを微調整しました。2人は共同で有名なピケコットンを作り出しました。ピケコットンは、軽量でいながら丈夫で、通気性に優れ、無理なく体を動かしながら、体に呼吸させることのできる生地でした。完璧主義者のルネ・ラコステは、デザインに改良の余地が少しでもないものかと、最初のポロシャツのシリーズを自分自身でテストしました。こうして1933年、ラコステのポロシャツができあがり、アイコンのワニが付けられました。

A code name

「L」は「Lacoste」の頭文字
「1」は唯一無二であることの証
「2」は短袖を示す記号
「12」は選ばれたプロトタイプの番号

Timeless Elegance

時を越えたエレガンス--ルネ・ラコステは、テニスウェアの伝統的な規範を打破しました。彼は、確立されているエチケットを乱すことなく、実用的でありながらエレガントな、新しいタイプのファッションを導入しました。それが、このポロシャツのコンセプトでもありました。彼のポロシャツはスマートなルックで、それと同じくらい快適で、実用的でした。また、エレガントで、着ることがとても楽しく思えるものでもありました。ラコステにとって、この2つのコンセプトは、どちらも欠くことができない重要なものでした。

Heritage

Polo Gallery

ポロ・ギャラリー--時間をめぐる旅を通じて、ラコステが時代の変化に合わせて、ポロシャツをどのように改良を重ね、リデザインしてきたかという歴史をご覧ください。

THE POLO THROUGHOUT THE YEARS.

ポロシャツの変遷--ルネ・ラコステが発明した、エレガントでいながら快適なポロシャツは、絶えずアップデイトされています。また、時代の変化に合わせるために、そしてアイコン製品に遊び心を加えるために、そのオリジナリティーと独自のアイデンティティーを損なうことなく、世界の著名デザイナーによるリデザインが行われています。

OUR FIRST POLOS

初期のポロシャツ--アイコニックなブランド規範が反映されている、初期のポロシャツ。

OUR COLLECTOR POLOS

コレクターズ・アイテム--世界の著名デザイナーがポロシャツを再解釈。

OUR GRAPHIC POLOS

グラフィック・ポロシャツ--さまざまなグラフィックデザインがあしらわれたポロシャツ。

SAVOIR FAIRE

THE MAKING OF

製造方法--1933年以来、ラコステのポロシャツは、フランスのテキスタイルの中心地トロアにおいて手作業で製作され、ブランド独自の品質へのこだわりが保たれてきました。

3 STEPS

3つのステップ--ラコステのポロシャツは3つのステップで作られます。このステップでは、完璧なシャツを生み出すために、厳格なテストと伝統の品質へのこだわりが組み合わされています。

STEP ONE

WEAVING

製織--ポロシャツ作りは、入手できる最良のコットン糸を独自のピケに織り込む作業からスタートします。これにより生地に柔軟さ、耐久性、柔らかさが備わるようになります。

THE MATERIALS

素材--ラコステのポロシャツに使われるコットン糸は、世界でもっとも柔軟性と耐久性がある糸です。1束ごとにテストが行われ、最高の品質に達しているかどうかがチェックされます。最高のコットンだけが、軽量でいながら、丈夫で、耐久性にすぐれたピケを生み出すことができるのです。

「ピケ」について詳しく知る

THE PROCESS

プロセス--1着のポロシャツには、同じ束のコットン糸が使われます。その後コットンはさまざまなタイプの織機で、丁寧に織られます。

2時間から3時間かけて、
それぞれの織機は準備される。

STEP TWO

DYEING

染色--1951年、ラコステのコットンポロシャツでの最初のカラーレンジが設定されました。そして、リラックスでありつつ、エレガントなスタイルにマッチした、斬新かつ躍動的な楽観主義でアイコニックなポロシャツに染められました。現在、ラコステ・ポロは40以上の異なった色調で発売されています。

THE EXACT SHADE

色合いの正確性--染料を9時間かけて混ぜ合わせることにより、リッチな色調が生まれます。染料の分量はそれぞれの色調によってことなり、濃い色ほど多くの染料が必要になり、明るい色ほど染料の量が少なくなります。明るい色のポロから濃い色のポロへ段階的な色調の違いを見れば、この分量の微妙な違いがおわかりいただけるでしょう。

染色のあと、生地は強い自然光に2,000時間にわたってさらされます。

STEP THREE

CRAFTSMANSHIP

職人技--1着のポロシャツには、27人の人の手がかかっています。このようなディテールへのこだわりが、ラコステブランドのサヴォアフェールとエレガントさを追求する姿勢には欠かせません。

THE CROCODILE

ワニ--ワニのロゴは、元々はルネ・ラコステが自分のブレザーにあしらっていたものでしたが、現在ではシャツ1着ずつに手作業で丁寧に刺繍されています。

22mmのワニを刺繍するのに、1,400のステッチが必要となります。

「エレガンスとは、シンプルにすることであり、ディテールは控えめであるのが望ましい」
ルネ・ラコステ
René Lacoste

THE COLLARS

襟--襟のリブ編みは、ラコステのアイコニックなポロシャツには欠かせません。このフランス風のタッチを出すには、ディテールへのこだわりが不可欠で、襟の1つ1つが手作業でチェックされ、糸の緩い部分は特殊な針を使い、人の手によって取り除かれます。

THE MOTHER-OF-PEARL BUTTON

パールボタン--正しい位置に縫い付けられるように、ボタンは1つ1つ、人の手によって位置が調整されてから、ミシンで縫われます。ラコステ・ポロの製造工程では、ディテールへのこだわりがなにより重要となります。

PETIT PIQUÉ

THE MAKING OF

製造方法--ピケは、ルネ・ラコステが発明した、ポロシャツのためのユニークなコットンテキスタイルです。丁寧に織られたメッシュでできたピケには、快適さとエレガントさの両方が備わっています。

On the court

ピケは、テニスウェアに革命をもたらしました。この新しいテキスタイルにより、体を楽に動かすことができるようになり、プレーが一層楽になりました。

ポロシャツについて詳しく知る

PETIT PIQUÉ

THE THREAD

糸--ピケは、きわめて軽量な、高品質のコットンでできています。糸は、ソフトで、耐久性があり、純度の高いものが選りすぐられています。

サイズ4のL.12.12ポロシャツを1着作るのに、25kmの糸が使われます。

LENGTH OF THE THREAD

糸の長さ--ピケに使うコットン糸は、通常の生地の糸より長いものがつかわれます。長い糸を使うことによって、安定性と丈夫さがあり、しかも軽くてエアリーな素材を作り出すことができるのです。

TWO-THREAD STITCHING

2種類の糸でのステッチ--1着のポロシャツには、同じ束のコットン糸が使用されます。その後、コットンはさまざまなタイプの織機で、丁寧に織られていきます。

PETIT PIQUÉ

THE KNIT

ピケコットンは、軽量で、耐久性があり、エレガントです。このユニークなテキスタイルの秘密は、ルネ・ラコステとアンドレ・ジリエが考案し、完成させた、革新的な織り方と編み方にありました。

THE PROCESS

加工--コットン糸を目を詰めて織ることで、生地に数千の微少な穴ができ、空気が通るようになります。このユニークな技法が、ピケの通気性を生み出しています。

THE MESH

メッシュ--コットン生地の微少な穴は、独特の形状になっています。これらの穴が集まることにより、ピケはメッシュのような外見になり、ラコステのポロシャツに独特な質感を与えます。

ピケコットンを作るのに、毎年18万本の糸が使用されています。

PETIT PIQUÉ

THE FEEL

フィール--ラコステのポロシャツでは、ピケコットンの軽さ、丈夫さ、柔軟さ、体の動きにフィットするシンプルでエレガントなラインが融合しています。

SELF-CONFIDENCE IN MOTION

動きやすさに対する自信--ポロシャツを着ると、楽に体を動かすことができる快適さとエレガントさを手に入れることができます。

DIFFERENT STYLES

多様なスタイル--ポロシャツは、さまざまなスタイルやフィットになっていますが、どのスタイルにも共通する点があります。それは、軽さを感じるということです。

ポロシャツのフィットについて詳しく知る