“ラコステの古着に、第2の人生を” REGENERATION(再生)プロジェクトが始動

2021年04月08日

ラコステ ジャパンは、回収した古着をREGENERATION(再生)させるプロジェクトを日本の文化発信基地「渋谷」で実施します。
これは、ラコステ ジャパンによる実験的なプロジェクトで、環境についての新たなる取り組みとしてスタートします。
このプロジェクトには2つの段階があり、ステップ1はラコステの古着の回収。ステップ2は回収した古着をもとに、アーティストによってREGENERATION(再生)させた作品を店舗で販売するというシンプルな取り組みです。

ステップ1の期間である4月8日から6月30日までの間、“不要なダンボールから大切なものを生み出す” ダンボールアーティストの島津冬樹さんが今回のために制作した特製の古着回収ボックスとオブジェがラコステ渋谷店に配置されています。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

-マニフェスト-
今回のプロジェクトの理念でもある“REGENERATION”は、「古着を再生させる(REGENERATE)」、「次の世代へと引き継いでいく(RE-GENERATION)」という2つの意味を持ちます。
使い古され、役目を終えたものたちがただ捨てられる時代は終わり、今は私たちひとりひとりが未来のために、次世代のためになにができるのかを考え、行動する時代です。
ラコステが定義する「エレガンス」は、外見的な美しさにとどまらない、哲学がともなった、本質的な美しさを指すものでありたい、と思っています。