PLAY BIG

大きく遊ぼう。大きく生きよう。
大きなチャレンジをしよう。
大きな自信を持って、大胆に、自由に、
クリエイティブに、エレガントに。
世界はあなたの遊び場、
フィールド、ステージ、そしてランウェイ。
どんなゲームにするかはあなたしだい。

2024年、ラコステはそんなメッセージを
「PLAY BIG」という言葉に込めて、
世界中へ発信していきます。

そのシンボルがビッグワニ。全長8メートル、高さ約3メートルの巨大なスカルプチャーです。

このテキスタイルアートを作ったのはオランダのアーティスト、イムル・アシャとイギリスのアーティスト、イブラヒム・ジョヤ。撮影は、ベルギー出身のファッションフォトグラファー、ウィリー・ヴァンデルペールが、音楽は映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のサントラで知られるアントニオ・サンチェスが担当しました。

ビッグワニは、メッシュやポロシャツ用のコットンピケなど、ラコステが伝統的にテニスの世界で使ってきた素材で作られています。それ自体が、フレンチファッションスポーツのブランドであるラコステのヘリテージと匠の技が生み出したクラフトです。

見たこともない大きさと大きく開けた口は、未来へ向かって大きく進化していくラコステと、ラコステを着る人たちが持つ、スケールの大きなスピリットを象徴しています。

「PLAY BIG」のメッセージを
ビッグワニと一緒に伝えていくのは、
世界中から集まった6人のアンバサダー。
全員がそれぞれのジャンルのアイコンであり、
揺るぎない自信と独特なスタイルを持ち、
いつも前へ進み続けている人たちです。

NOVAK DJOKOVIC

ノバク・ジョコビッチ

テニスの世界に大きな足跡を残してきた王者は、ビッグワニの顎を軽々と押さえながら、その口の中に裸足で立っています。

まさに恐れを知らないコートの覇者ならでは。

VENUS WILLIAMS

ヴィーナス・ウィリアムズ

「次は何をするんだろう」 パワーテニスでコートに革命を起こしてきたヴィーナスからは、いつだって目を離せません。

そんなヴィーナスが今度はビッグワニの口の中へ。

PIERRE NINEY

ピエール・ニネ

8歳の頃からテニスに親しんできたフランスの若き天才俳優。

ラコステを作ったテニスチャンピオン、ルネ・ラコステを彷彿とさせるコーデに身を包んでビッグワニと共演します。

WANG YIBO

ワン・イーボー

テニスを愛するアジアのスターが、ビッグワニの口とシンクロして脚を蹴り上げます。力強いのにエレガントなのは、ダンサー&レーサーとして鍛えた高い身体能力があるからでしょう。

AHN HYO-SEOP

アン・ヒョソプ

子どもの頃、パリのラコステで父親とポロシャツを買ったのがワニとの最初の出会い。カリスマ的俳優は今回、ビッグワニの舌の色と合わせたポロシャツで登場です。

JEON SO-MI

チョン・ソミ

ビッグワニの歯を押さえているときだってスタイリッシュ。

世界中のZ世代から圧倒的に支持されているソミは、ラコステのポップさとエネルギーを象徴する存在です。

ラコステジャパン
公式インスタグラムアカウントから
最新ニュースや
インスタグラム限定の情報をチェック!

@lacoste_tokyo